植物について勉強した

勉強をしました。

砂漠や半砂漠地帯にはえるサボテンは、茎の部分に水分を蓄えているし、海岸にはえるコウボウムギは地中に深くたくさんの根を伸ばすことでわずかな水分を効率的に集めようとしています。それでは植物は水さえ与えておけばいいのでしょうか。日常的に食卓に上るもやしの場合で考えてみましょう。もやしは食品工場で暗黒下十分な水分を与えられて育てられます。数㎝まで伸びたところで通常は出荷されますが、そのままの条件で栽培を続けると葉も展開できず、茎を立てることもできず子孫を残すのに必要な花をつけることもできません。もやしが一人前の植物になれないのは何が足りないのでしょうか。工場で栽培されている条件をみれば、それは光であることがわかります。それでは植物は光を使って何を行っているのでしょうか。それは光合成です。このようなことを学びましたが、知らないことをいろいろと知れて良かったなと思いました。勉強になりました。

シルクモイスティングホワイトニングクリーム