ストッキングの生地を見せる型紙は必要?

ストッキングを購入した時、片足のストッキングの中に敷紙が入っている場合が多いんですけど、引き抜くときにもにすごく神経をつかうんです。

それは敷紙を引っ張る時にストッキングが伝線してしまわないのかということにハラハラするんですけど、案の定、伝染させたストッキングもありました。
それに、敷紙がはいっている方の足のストッキングの生地だけ太くなってしまっており、履いたときには明らかにたわみができているんです。
例えば太ももあたりの位置に紙がはいっていることが多いんですが、その位置の繊維が明らかに伸びていたり、紙の大きさに型が残っています。
ストッキングの中にはいっている敷紙の役目は、ストッキングの色や繊維をよく見せるための計らいかとは思いますが、見本だけに留めておいてほしいものです。
例えば、購入商品の見本でストッキングの生地をぶら下げてあることがよくありますが、ああいう感じで消費者が手に触れて確かめることができれば、それで充分だと思われます。

太ももが細くなるタイツについて